『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』海外版オンリーの特典とは?

 『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』は日本では2015年8月発売のシューティングゲームだ。

 そのゲームの名は『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』。日本ではPS4/Vita向けに2015年8月に発売された作品だ。で、その『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』の海外版発売が来月に予定されているのだけれど、その限定特典がすごいと噂になっている。

 その特典とはこれだ!

 うん。こ、これはあきらかに縞パ……いや、スクリーンクリーナーですね。だれが見ても、どこからどう見てもスクリーンクリーナー以外の何物でもない。

 そうだ。これがパンツに見えるとかいう人は目をわずらっているのではないですかね? これはあくまで画面を拭くための道具であって、くんくんするための下着などではない!

 ……いや、すいません、どう見てもパンツですね。ぼく、嘘つきました。縞パンにしか見えません。これが公式特典というのだから、日本、じゃない、海外も終わっている。

で、反応は?

 やっぱり海外のファンも同じような反応になるらしい。パンツっていいよな。ほんとうにいいよな。いや、あくまでスクリーンクリーナーだけど! これを自ら履いたりするとほんまもののHNNTAIになれるかも。なってどうする。

海外版と日本版の相違点

 海外版と日本版でどこが違うかというと、

 海外ゲーム情報サイト“Operation Rainfall”による『Gal*Gun Double Peace』インティインタビューより

 コンテンツ内容は日本版と全く同じ

 海外版で削除・追加される要素は無く、表示・表記される文章のローカライズのみに留まる

 DLCも全く同じものが提供されるが、価格については調整検討中

 ローカライズの一例(インティ生放送による判明分)

 タイトル画面・メニュー・操作説明画面など、インターフェイスのデザインは日本版と同じだが、各項目の表記が英語に

 キャラクターボイスは日本版と同じ(日本語で喋り、声優も同じ)

 メッセージテキストや選択肢は英語

 テキスト内でくろなの「DEATH」は「HELL」に差し替え

 ”Senpai”(先輩)等、一部の日本独特の単語がそのままローマ字表記されている

(Matt Papa曰く、海外の日本サブカル好きは意味を理解しているらしい)

 シューティングパートにて、一般生徒の名前は英語で表示(例:寿 林檎 → Ringo Kotobuki)

 弱点の擬音表記(「ハッ!!」「キュン!」等)と告白攻撃で飛ばす文字は日本語のまま

 ようするに日本と何も変わらないらしい。そのうえで「スクリーンクリーナー」が付くと。いやー、海外ファンうらやましいなあ。まとめ主も画面拭きでパソコンモニターとかふきふきしてみたい。

ちなみに『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』とはどのようなゲームなのか?

『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』とはこんなゲーム

 『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』、一応というかなんというかシューティングゲームです。ただ、そのシューティングの内容がアレでして……。

 ストーリーADVモードの画面。いわゆる「ギャルゲー」的な画面だ。

 女の子にショットをあてるシューティング画面。

 女の子にはひとりひとり異なる弱点がある。

 女の子の弱点をついて「昇天」させるという特異なシステムを採用しているのですね。それなんて18禁……いやいや、あくまで一般向けゲーム。胸とか腰とか弱点がいちいちいやらしいのは偶然です。たぶん。

 透視能力とかもあるのです。女の子がみんなスケスケ。うひょー。

こんな意見も

 声優の藤田彩さんのご意見。たしかに目の前で女の子のパンツ見れたら嬉しいですねー。興奮しちゃう♪

海外での反響は

 これが海外版オンリーの「ハピネス(しあわせ)エディション」。まさに幸せになれる一品だ。

 そして、日本での発売からおよそ1年後、ついに海外で発売されることとなった。しかも海外では「ハピネスエディション」という公式ストア限定セットに「ハピネススクリーンクリーナー」という、どうみても“パンティー”にしかみえないクリーナーが特典としてつけられることに。これには海外のHENTAIたちも「おい、パンティーがついてるぞ!www」「このクリーナーはファンタステイックだ」「あああ!もう待てない! PS4版を買います」「俺は新品のパンティーなんて興味ないぜ、汚ねえパンティーをくれよ」と大反響となっている。

 6月28日には海外版PVがYoutubeで公開されたのだが、これにも「研究資料として買う必要があるようだ。あくまで研究目的だからな」「これが世界の男が三次元から離れる理由だよ」「俺の夏ゲームが決定した」「頼むから西洋は検閲しないでくれ、絶対に改変カットはしないでくれ」と英語でのコメントが殺到した。

そしてオチ

 まさに人を幸せにする最高の特典である。この調子で日本でもアホな特典を……といいたいところだが、開発元のアルケミストは今年4月に倒産している。

 この頭の悪い(褒め言葉)特典は、アルケミストの間接的な遺産ともいえそうだ。

 ……ほんとかよ。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するキーワード

関連するまとめ

2016年の色んなエロゲランキングを比べてみた 安定した人気を誇ったエロゲは・・・?

2016年のエロゲ売り上げランキングをいろんな販売店でのランキングで比較してみた。 それぞれで微妙な違いはあ…

ぱる / 4154 view

アニメ化もされたエロゲ史上最高の有名タイトル『Fate/Stay night』の感想…

『Fate/stay night』はいわずとしれたTYPE-MOONのヒット作です。商業メーカーとしてのTY…

こーらすらいん / 6513 view

パンクな青春を送りたい。天才瀬戸口廉也最後のゲーム『キラ☆キラ』感想・レビューまとめ…

天才と言われるシナリオライター・瀬戸口廉也はわずか3本のゲームにしか関わりませんでした。『CRANIVAL』…

こーらすらいん / 1703 view

【エロゲ】シルキーズプラスのなないろリンカネーションは妖と人間のほっこりと心が温かく…

今回は、シルキーズプラスの2014年に萌えゲーアワードを受賞したなないろリンカネーションを見ていきます。 主…

hanabisi / 186 view

【エロゲ】セックスを知らない!?未来型子作りADV『正しい子作りを知らない未来人の輪…

スマホでできる抜きエロゲー『正しい子作りを知らない未来人の輪舞』の紹介と感想まとめ。 子作りが忘れ去られた未…

Campus / 2548 view

その他おすすめの記事