エロ漫画家・牡丹もちととは?

牡丹もちと(ぼたんもちと)は、成人向け漫画雑誌『COMIC快楽天ビースト』で活動するハイセンスなパロディ系のギャグとエロを融合した作風で人気を得ている異色のエロ漫画家です。

単行本は『学校でイこう!』『ミルキータイム』の2巻があり、なかでも『ミルキータイム』は今夏に発売されたばかりの人気作です。

デビュー作は、同雑誌の2015年9月号に掲載された『面接官と入射試験』です。

デビュー作『面接官と入射試験』とは?

『面接官と入射試験』(ワニマガジン社『COMIC快楽天ビースト 2015年9月号』掲載)

『面接官と入射試験』(ワニマガジン社『COMIC快楽天ビースト 2015年9月号』掲載)

あらすじ

オナホメーカー・WANIMAGAの入社面接に参加した主人公・千種草太(ちくさそうた)は、同社の製品である「BEAST」シリーズ第一弾の良さについて熱弁する。

自身の記念すべき第一作である製品を褒めちぎられ、感動した企画開発部門部長・本郷玲子(ほんごうれいこ)は、自社の試作品を試すための部屋・プレイルームに連れ込み、新規開発中のオナホの試用を依頼する…。

プレイの内容

オナホコキ、ごっくん、授乳オナホコキ、挿入、正常位、ベロチュー、中出し

筆者の感想

主人公である千種は、「人前ではチ〇コが立たない」という理由で本郷にオカズを求めたり、「貫通式のオナホの扱いになれていないから」という言い訳で顔射をかましたりするんですが、コレもう確信犯でしょ…。
ショタフェイスだからってなんでも許されると思ってんじゃねえぞ…うっ…。ふぅ…許した…。

牡丹もちと作品の魅力とは?

1. パロディを交えたギャグとエロの融合

『プリンサセオン・アイス』(ワニマガジン社『ミルキータイム』)

『プリンサセオン・アイス』(ワニマガジン社『ミルキータイム』)

「昌也行くわよ…っ。は…はいっ。」
「おっとあれは…ツイストリフトっ!?」

『プリンサセオン・アイス』『マッパGoGoGo』『ハメスクール赤面組』といったタイトルと同様に、本編でも随所に親父ギャグを炸裂させていきますが、しっかりとエロいんです。

2. 牡丹餅(ぼたもち)のように肉感的な体

『学校でイこう!』(ワニマガジン社)より

『学校でイこう!』(ワニマガジン社)より

「なんと…萌香殿のラフェララエッロッ‼目が離せないっまるで一点透視図法‼」
「あ…いや、両乳首と口元で三点透視図法か!?」

う~ん、食べちゃいたい!

3. とぅるんとぅるんな瞳

「私…決めていたんです。決勝まで行けたらプロポーズをお受けしようって。」 「コーチは私の気持ち、レシーブしてくれますか…?」

「私…決めていたんです。決勝まで行けたらプロポーズをお受けしようって。」 「コーチは私の気持ち、レシーブしてくれますか…?」

「私…決めていたんです。決勝まで行けたらプロポーズをお受けしようって。」
「コーチは私の気持ち、レシーブしてくれますか…?」

なんか目も髪もすごくウェットな質感なんですよ。
とぅるんとぅるんで、めっちゃ触り心地が良さそう。

おすすめの作品『トぶが如く』

『トぶが如く』(ワニマガジン社『ミルキータイム』収録) サンプル

『トぶが如く』(ワニマガジン社『ミルキータイム』収録) サンプル

俺がなぜこんな状況に陥っているか、話を1時間前に遡らなければならない

「竜也くぅ~ん…。もっと恥ずかしがってる顔見せて…♡」
「ダプロンの借りを返しますよ…!」

『トぶが如く』(ワニマガジン社『ミルキータイム』収録) 参考画像

『トぶが如く』(ワニマガジン社『ミルキータイム』収録) 参考画像

「すごっ…白(はく)が牌(ぱい)まで…っ」

あらすじ

会社の脱衣麻雀会に下心で参加した結果、女上司・甲斐にカモられ、辱めを受けることになった後輩・天宮。
腕に自信のある主人公・竜也は、天宮に助けを求められ代打ちとして参加するが、予想以上の甲斐の強さに連敗を喫し…。

プレイの内容

3P(乳揉み、騎乗位、顔騎、素股、手コキ)

筆者の感想

「こんなに清漏頭(ちんろうとう)させて、私のカラダ見てテンパイしちゃったの?」
「竜也さん…っベタオリっぽく振る舞ってるくせに、下はしっかり聴牌(てんぱい)なんて…とんだ助平雀ゴロです…っ」

麻雀用語を下ネタにかけた牡丹もちと先生らしいギャグとエロの融合が光る1冊で、筆者の股間も立直からツモって一発でした。(下手くそ)

まとめ

いかがだったでしょうか。
笑えてヌけるエロ漫画って最高ですね!

牡丹もち先生の作品は、以下のページから購入できますよ。
是非チェックしてみてくださいね!



\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

ジャンプ+で連載が始まった「終末のハーレム」の作者がエロ漫画家の宵野コタローで完全に…

ジャンプの無料マンガアプリ「少年ジャンプ+」で連載が始まった「終末のハーレム」。作者はエロ漫画家の宵野コタロ…

poipoi / 31009 view

【感想】ケモミミ×ロリこそ至高……ッ! エロ漫画家「冬野みかん」にエロの黄金比を見た…

エロ漫画家「冬野みかん」先生といえば、ロリとケモミミ好きで有名なエロ漫画家です。 先生の書くロリはとにかくぷ…

ふじた / 6242 view

【エロ漫画】「田倉まひろ」先生の女の子は妖精さんみたいに可愛い! もちろんセックスは…

田倉まひろ先生といえば、そのぷにゅぷにゅした絵柄で多くのファンを生み出したエロ漫画家となっています。 エロい…

ふじた / 4743 view

【エロ漫画家】独特なタッチと余韻の残る物語に定評のあるエロ漫画家・スミヤについてまと…

スミヤは、2004~2012年頃までは『COMIC LO』で、おおよそ2013年以降からは『COMIC快楽天…

ゲスト / 1074 view

【エロ漫画家】シコるべきか抜くべきか…中山哲学はプニ巨乳ゆえにエロあり。ママも姉もみ…

エロ漫画雑誌『コミックTENMA』『ANGEL倶楽部』などで活躍しているエロ漫画家、中山哲学。ここでは中山哲…

ishinomori / 3051 view

その他おすすめの記事