なないろリンカネーションってどんなゲーム

大学3年生の青年・加賀美真は、一人暮らしを始めようと亡き祖父の家を訪れる。すると、その家には座敷わらしを名乗る女性と鬼を名乗る女性が住み着いていた。加賀美家の町に彷徨う霊魂を救い現世から常世へ送るというお役目を知り戸惑いながらも霊能探偵として過ごす真やその仲間たちのホームコメディストーリーです。

なないろリンカネーションのゲーム紹介

なないろリンカネーション

なないろリンカネーション

対応OS:Windows Windows:XP/Vista/7/8/8.1/10
原画:すめらぎ琥珀
シナリオ:かずきふみ
ブランド:シルキーズプラス WASABI

なないろリンカネーションの面白いポイント

非日常な設定をきちんと日常に溶け込ませており、生活感がよく伝わってきて非常に見てて楽しむことが出来た。展開の傾向は伝奇でかなりスプラッター寄りの味付け。夏の夜とかにやるのが時期的にちょうどいいのかな。
泣きゲーとして優秀な作品なのでこれから始めようとしている人には自信を持ってオススメしたいと思います。
【システム】
・画面は16:9
・キャラ別音声設定あり
・シーンジャンプあり

基本は揃っており+αとして選択肢or未読or日付の頭のジャンプが使えます
共通が長いのでかなり便利
他のレビューにあるようにボリュームはたしかに多いとは言えない。
だが、この作品の「感動」を味わうにはこれで充分だ。
むしろ最後まで細々とした記憶を保ったままプレイできるので、充分というよりも、最適、と言ったほうがいいかもしれない。

なないろリンカネーションのヒロインキャラクター紹介

滝川 琴莉 (たきがわ ことり) CV:秋野花

滝川 琴莉 (たきがわ ことり) CV:秋野花

近所の高校生です。真に助けられ、恩返しをするために事務所に出入りし事件解決の手助けをしてくれるようになります。
彼女自身大きな秘密を抱えており主人公は重大な選択を迫られるようになります。

土方 由美 (ひじかた ゆみ) CV:星咲イリア

土方 由美 (ひじかた ゆみ) CV:星咲イリア

真と同じ大学に通い、学年も同じく三年生。
大学以前からの知り合いではあるのですが関係が結構ぎこちない感じになっています。性格は人見知りが激しくおとなしい感じです。

伏見 梓 (ふしみ あずさ) CV:かわしまりの

伏見 梓 (ふしみ あずさ) CV:かわしまりの

お役目を通して知り合った女刑事です。最初は例の事をものすごく怖がっていましたが、徐々に真や仲間たちと打ち解けていきます。
霊能探偵と警察署をつなぐ重大な役目を持っています。性格はさばさばした感じですが、結構愚痴が多いこともあります。
ヒロインの一人です。

伊予 (いよ) CV:真宮ゆず

伊予 (いよ) CV:真宮ゆず

真を手助けしてくれる加賀美に住む座敷わらしです。家に幸福を招いてくれる存在です。見た目は幼くかわいいですが何百年も加賀美家にいます。
重度のネトゲ好きです。性格は他人をおちょくるのが大好きで結構ひねくれていたりしますがいざというときには大人らしさをみせます。
ざしきわらしなのであそびや面白いことが大好きです。

なないろリンカネーションの主人公のサポートをしてくれる仲間の鬼を紹介

パッケージにも描かれている鬼を紹介します。それぞれ色んな特殊能力を持っていて個性的な鬼です。主人公のサポートをこなしてくれますが攻略対象ではないので少し残念です。

桔梗 (ききょう) CV:御苑生メイ

桔梗 (ききょう) CV:御苑生メイ

先代である真の祖父に仕えていた鬼。
本来、鬼は死を迎えた主と共に常世へと赴くが、桔梗は真のサポートをするために加賀見家に留まっている。
鬼は人の目には見えず、人知を超えた不可思議な力を持つが、桔梗は特別な個体で特殊能力を持たない。おしとやかでみんなの面倒をよくみる母親的存在です。怒らせると怖く手が付けられないこともあります。

葵 (あおい) CV:桜川未央

葵 (あおい) CV:桜川未央

真のサポートのためだけに生みだされた最初の鬼。桔梗と同様に角は無く、代わりに猫耳と尻尾が生えている。
人や物に宿る思念を読み取るという特殊な力を有し、お役目で大いに活躍する……のだが、
猫らしく天真爛漫でわがままな性格をしており、主を主と思わない言動をとるため、たびたび真を困らせる。

芙蓉 (ふよう) CV:御苑生メイ

芙蓉 (ふよう) CV:御苑生メイ

真のためだけに生みだされた二番目の鬼。
桔梗に似た容姿をしており、性格もとてもよく似ている。
家事に長けた鬼であり、買い物などに不都合がないよう芙蓉は例外的に霊視の力を持たない者でも普通に視ることができる。

その影響で、葵のような特殊な力は持っていない。
容姿が似ていることもあり、やはり芙蓉も怒ると……?

アイリス CV:藤咲ウサ

アイリス CV:藤咲ウサ

真のためだけに生みだされた三番目の鬼。
他の二人と違い洋服を身に纏っており、いつもぬいぐるみの “ウーパくん” を抱いている。
テレパシー能力を持っており、複数の相手と言葉を声に出すことなく会話が可能。

あまり範囲は広くないが、遠くにいる人物にもテレパシーは届く。
人見知りの激しい性格で恥ずかしがり屋です。

なないろリンカネーションの感想やレビューまとめ

最初はキャラクターにひかれてなんとなく体験版をプレイ。

どんなストーリーかなとプレイしていくと面白い、先が気になる!って感じで気づけば一気に体験版をクリア。
そしてすぐに製品版をプレイしました。

ほのぼのとしたストーリーで笑いもある、と思いきやシリアスな場面や辛いこと、悲しいこともありどのような展開になるのかワクワクとドキドキでいっぱいでした。
ストーリーはとても良い。
演出や音楽、絵の上手さ、どれもレベルが高く綺麗にまとめられている作品だ。
なないろリンカネーションの日常シーン

なないろリンカネーションの日常シーン

ギャグというか座敷わらしの伊予と主人公の会話は結構面白く笑えます。ちょっと特殊な家族ですが楽しく世界に入り込めるでしょう。
幽霊や鬼もかかわってくるストーリーなのでホラーな一面もあります。

テキストのセンスもコミカルできゅーと。声優さんの演技も素敵でした。
私は恋愛ゲームは基本的に主人公ありきで一歩引いてみるために、主人公が好きになれないと楽しめないのですが、本作の主人公、加賀見真は女の私から見ても好感の持てる青年だったため楽しさもひとしおです。
本作には、いくつもの印象的なシーンや台詞がある。だがそれが心に残るのは、悲劇性ゆえにではない。避けがたい(そして残酷な)死や無念が描かれているのは確かだが、そのどうしようもなさに打ちひしがれ、立ち止まり、やがて諦めるのではなく、行き場のない想いを救おうとする。『ななリン』の魅力はそんな、優しく暖かい繋がりにあるのだと私は思う。

だからたぶん、本作には涙よりも笑顔のほうが相応しいのだ。本作に与えられた「ホームコメディー」という規定を、表面的な意味ではなく積極的に肯定したい。

まとめ

なないろリンカネーションのストーリーは、ホームコメディと銘打っていますが、お役目の中で幽霊を送ったりしないといけないためやはり死などについても考えさせられます。
メインヒロインにも重大な秘密がありボタンを押す手が止まらなくなると思います。日常シーンとシリアスな場面の描き分けがものすごくできていて飽きない構成となっています。
あなたにもぜひなないろリンカネーションの不思議な世界を体験していただけたらなと思います

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

「エロゲ―」inre(インレ)の忠臣蔵46+1は江戸時代にタイムスリップした主人公と…

inre(インレ)の忠臣蔵46+1は江戸時代の赤穂浪士の事件を元に作られた燃え萌えサウンドノベルというジャン…

hanabisi / 323 view

【名作エロゲ】全員武士娘!!2009年度萌えゲーアワード大賞部門銀賞を受賞エロゲ『真…

名作エロゲ紹介。今回は『真剣で私に恋しなさい!』。 2009年度萌えゲーアワード大賞部門銀賞を受賞したエロゲ…

Campus / 2269 view

手軽に遊べるのにこんなにエロい!無料エロゲはここまで進化していた!!

人気のDMMゲームを紹介。 ここにあるゲームは全てR18なのでエロ要素もあるエロゲー。 始めるにはDMMに登…

ぱる / 30713 view

【エロゲ】「早くも今年一番のエロゲ決定?」シルキープラス新作『あけいろ怪奇譚』が面白…

早くも今年一番のエロゲ登場か!?と噂される『あけいろ怪奇譚』についてまとめ。 「古き良きエロゲ」「読ませるエ…

Campus / 4689 view

【エロゲ】変身ヒロインもの抜きゲ「WIZARD LINKS」は凌辱物やハーレムなど属…

エロゲブランド「筆柿そふと」から発売された抜きゲ「WIZARD LINKS」の感想や評判まとめ。 密かに発売…

オレンジ / 7702 view

その他おすすめの記事