インレの忠臣蔵46+1ってどんなゲームなのか?

江戸時代に起きた忠臣蔵(赤穂事件)を元にしたノベルゲームです。主人公は赤穂事件により主君を失った赤穂浪士の人間として江戸時代にタイムスリプします。

赤穂浪士として実在した人物がほとんど女性として描かれているのでエロゲ好きな人が楽しみやすくなっています。武士として生き抜く主人公や赤穂浪士を描くのでストーリーはシリアスになりがちですが5章をプレイすればみんな幸せな感じで一応終わるので読後感は良いです。

忠臣蔵46+1のゲーム紹介

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-

ブランド:インレ
定価:¥5,800 (税込¥6,264)
発売日:2017/11/24
メディア:DVD-ROM
ジャンル:燃え萌えサウンドノベル
原画:ぬい
シナリオ:葉山こよーて
音楽: 井原恒平(鳥有)
アーティスト: Duca、ayumi.、氷青

忠臣蔵46+1のあらすじ

「仇討ちこそ! 我が悲願!」

元禄十四年(1701年) 三月十四日。
勅使饗応役の任を仰せつかっていた播州赤穂藩主・浅野内匠頭が高家筆頭・吉良上野介を江戸城、松の廊下で斬りつけるという前代未聞の事件が発生した。
その知らせを聞いた五代将軍・徳川綱吉は激怒し、浅野内匠頭を即日 切腹。 浅野家には城地没収、お家断絶を命じる。
一方の吉良には何の御咎めもなかった。
一夜にして三百人の家臣は路頭に迷い、非業の死を遂げる者もいた。

それでも、亡君の仇を討つべく立ち上がった四十六人の浪士たち。
そして、謎のタイムスリップで現代から江戸時代の赤穂に来てしまった主人公の深海直刃 (ふかみ すぐは)。

赤穂浪士の運命に翻弄されつつも、浪士と共に仇討ちへと驀進する様を描いた時代劇サウンドノベルゲーム。

忠臣蔵46+1のヒロイン紹介

メインヒロイン4人を紹介します。どのルートも熱く燃え上がるような戦闘シーンもありますが、ヒロインたちとの恋愛もまた良い感じに描かれています。

タイムスリップした主人公は現代人なので最初は弱いですが、ヒロインたちの力を借りて成長し強くなっていく様子も見どころですね。

大石 内蔵助 (おおいし くらのすけ) CV:有栖川みや美

大石 内蔵助 (おおいし くらのすけ) CV:有栖川みや美

役職:国家老(筆頭家老)  禄高:1500石
播磨国赤穂藩の国家老として、藩の政治・経済を運営する。

だが、趣味に興じることが多く、藩士の間ではその能力を疑われている。
付いたアダ名は “昼行灯”。

「よいか! 正義は! 我等! 赤穂にあるぞっ!」

堀部 安兵衛 (ほりべ やすべえ) CV:桐谷華

堀部 安兵衛 (ほりべ やすべえ) CV:桐谷華

役職:御使番  禄高:200石
赤穂浪士、最強の剣士。

元々、祖父は新発田藩士の家老。 父も新発田藩に仕えた名門の出。
だが、藩の陰謀により、浪人となる。
後に高田馬場の決闘で一躍勇名を馳せ、請われて浅野家の家臣となる。
お家再興よりも、仇討ちを主張する江戸急進派のリーダー。

「武士道とは、死ぬことと見つけたり」

大石 主税 (おおいし ちから) CV:ひなき藍

大石 主税 (おおいし ちから) CV:ひなき藍

役職:部屋住み  禄高:なし
内蔵助の愛娘。

昼行灯と陰口を叩かれてる母を内心歯痒く思っている。
その影響か、自分は立派な侍になるのだと無理をしている部分がある。
蛙や蜘蛛の類が大嫌い。
幼名は松之丞。

「我が生きれば、付いてこよ!」

矢頭 右衛門七 (やとう えもしち) CV:春河あかり

矢頭 右衛門七 (やとう えもしち) CV:春河あかり

役職:部屋住み  禄高:なし
矢頭長助の四姉妹の長女。

勘定方の父に習い、藩では経理の仕事を学んでいる。
剣は大の苦手で、胸が小さいことを密かに悩んでいる。
よく転ぶ。

「前の直刃しゃんも、今の直刃しゃんもお優しい人です」

忠臣蔵46+1の感想やレビューまとめ

2015年04月10日 by ねむれす さん

同人時代から高評価を得ていたサークルの作品が商業化。
同人時代に3章まで出ていたけれど、それに4章、5章も追加されて、ボイスもありになった。
ボリュームは一般的な並のフルプライス作品よりも多いと思う。
お勧めできる作品の一つ。
2013年07月09日 by Stochas さん

女体化歴史ものは数あれど、この作品は原作忠臣蔵への熱意がハンパ無いです。
ぬるーいキャラゲーではなく武士達の熱い物語。それでいて女の子の魅力も十分。
元は同人作品で少ない人数で作っているせいか、特に後半部分に粗も見えますが、抜群に面白い傑作なので
気になった方は体験版(一章丸ごと入った長いやつ)をプレイして、討ち入りに参加するとよいとおもいます。
2013年07月05日 by レブロン さん

正直たいして期待しておらず、歴史好きなのでなんとなく購入したのですが、結果大当たりでした。
忠臣蔵という作品を非常に丁寧に、かついろんな視点で語った作品でした。実際にこのゲームをプレイ後、忠臣蔵についていろいろ
調べたのですが、ゲームのシナリオとして上手くアレンジしたんだな、と感心しました。
ダークホースなこの作品、ぜひプレイしてみてください。
作品の世界観描写として、江戸時代の風俗がいい感じに書けていると思います。まず、俺は前提として歴史モノがあんまり好きじゃなくて、忠臣蔵のこともほぼ知らなかったくらいなんですけど、そういう人にとっては江戸時代ってどういう感じだったのか、というのがあまり難しくなく直に伝わってくる感じがいいですね。

 例えば、江戸では銭湯が混浴だったとか、上方と呼ばれる大坂(大阪のこと)ではそこら辺に桶が置いてあって、そこで用を足していただとか。小ネタがかなり身近な感じで、まあ、オタク系歴史モノってあくまでもその時代ってことにしているだけで、割と描写されるのは美味しいところ取りというか、現代風な描き方になっているところも多いとは思うんですが、この作品はかなり江戸っぽさを感じることができましたね。
グラフィックは特出するところはなかったと思いますが、ロリ系の可愛い絵柄ですね。苦手な人は結構苦手かもしれません。ご城代(大人Ver.)や安兵衛さん、数右衛門などカッコイイ女性もいますけどね。戦闘描写等は結構動きがあって良かったです。

 
 BGMは、中々好印象。なんだろう音源が近いのか、Keyサウンドっぽい感じ。バトルの時の激しい曲も雰囲気を壊さない程度にロックな感じで良かったですね。
とても戦闘描写に力が入っている作品でした。主人公が成長していく過程がとても好きな作品です

まとめ

女性化している武士に説明はいっさいないですがそんなことどうでもよくなるくらい完成度やテキストが高いです。

シナリオもここでそうくるのか~と驚き感激しまくります。
なんか最近やったエロゲストーリーがいいのがなかったなという場合にはおすすめです。

忠臣蔵46+1をやって聖地に行く人も多いようですね。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

【エロゲ】全国の妹好きに贈る「お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?」選択肢をキスで…

エロゲブランド「Tinkle Position」から発売された「お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?」。通…

poipoi / 6332 view

老舗ブランドからいよいよリリース「VRカノジョ」でVRエロゲの扉が本格的に開く

いよいよ「VR専門」のゲームがリリースされる。対ロルは「VRカノジョ」で、ブランドは長年3DCGのアダルトソ…

chanebi / 12673 view

【3DS】メダロットの新作がもはやエロゲ!?ハイパーフィニッシュで女の子の服を脱がせ…

メダロットシリーズ最新作「メダロットガールズミッション」が3月10日に発売。 そこで話題となってるのが相手の…

poipoi / 14053 view

【もんむす逆レイプRPG】負けたら犯される!?もんむす好き逆レイプ好きは外せない『犯…

大人気もんむす逆レイプRPGゲーム『犯され勇者シリーズ』についてまとめ。 某DLサイト同人ゲームランキング1…

Campus / 12483 view

【注目】2017年3月発売!minoriが繰り出す『トリノライン』。きのこのみ先生キ…

今、要注目の、来年2017年3月に発売となる『トリノライン』というエロゲーについて、今出ている情報をまとめて…

りえのん / 3211 view

その他おすすめの記事