車輪の国、向日葵の少女のゲーム紹介

車輪の国向日葵の少女

車輪の国向日葵の少女

初版発売日:2005年11月25日
メディア:DVD-ROM
原画: 有葉
シナリオ:るーすぼーい

車輪の国、向日葵の少女ストーリー

罪を犯すと『特別な義務』を負わされる社会。
罪人を更正指導する『特別高等人』という職業を目指す主人公・森田賢一は、その最終試験のため、とある田舎町を訪れる。
『1日が12時間しかない』『大人になれない』などといった義務を負う少女たちと学園生活を送るが、
『恋愛できない』少女・夏咲と出会ってから、賢一の歯車が狂いだす。
崖にひっそりと建てられた自分の墓、山間洞窟に隠された父親の遺産が次々と賢一を追い詰めた。
贖罪を問われることになった男が見た、車輪の国の真実とは……。

車輪の国、向日葵の少女公式サイトやオープニング

車輪の国、向日葵の少女の面白いポイント

車輪の国、向日葵の少女は1本道なので1章~5章まで選択肢こそありますが大筋の話の変化がないです。
選択肢で5章後のエンディングが変わってきてヒロインのトゥルーが見られるのですが5章まで1度行くと大きな秘密が明らかになります。

この物語全体の秘密をあなたもぜひ体験してみてください。

ぶっちゃけると18禁ゲームではありますが、正直エロシーンがいらないレベル。

むしろエロシーン飛ばすまである。だって本編見たいし。

義務、高等人など、独特な世界観が描かれたこの作品。
おもしろかった。プレイしてよかったです。ヒロインたちの言動でストレスを溜めさせて、章ごとにそのストレスを解消させてカタルシスを与え、んでもって大ネタで「うおおお!?」とさせて、そして畳みかけるようにクライマックスに走っていくの、素晴らしい構成でした。よくできてる。名作です。

車輪の国向日葵の少女のメインヒロイン

日向 夏咲(ひなたなつみ)

日向 夏咲(ひなたなつみ)

孤独な少女。普段は教室の隅や階段の踊り場でぼーっとしている。
男性に接触しないよう気を使っているためか、いつもびくびくして挙動が落ち着かない。
気弱なようでいて、自分が正しいと思った主張は譲らない。

「人を好きにならないように、人から好かれないように、強く生きたいです」

三ツ廣 さち(みつひろさち)

三ツ廣 さち(みつひろさち)

活発で主人公とはよくウマが合うクラスメイト。恐ろしく元気。
『アガるねっ!』『イイかもしんまい!』などと独自の元気系用語で周りを混乱させる。
当然のように運動神経は抜群で、頭の回転も速く、パソコンで為替をやって生計を立てている。
流行にうるさく、今後はお笑いブームと純愛ブームが来ると予測している。

「つまりさあ、お金で時間を買えばいいワケじゃん?」

大音 灯花(おおねとうか)

大音 灯花(おおねとうか)

学級委員長。いつも腕を組みながら主人公のことを冷ややかな目で見ている。
気丈に振舞ってはいるが、母親の厳しいしつけに疲れているようだ。テストに名前を書き忘れたり、探していたメガネがおでこの上にあったりと、かなりのうっかりさんなのだが、いぢられたり笑われたりするのが大嫌いなわがままな人。

「大人と子供って……けっきょくただの人でしょう?」

車輪の国、向日葵の少女感想やレビューまとめ

テーマはかなり伝わりましたね
人間の弱さと強さ
そして理不尽に抗う意志と革命といったところか
立ち上がれみんな
しかしまぁるーすぼーいのシナリオは、とにかく伏線が巧妙すぎて毎回鳥肌が立つ
最終章の突入と同時に明かされる伏線
気づけるなら気づいてみろと
最初は全然好きになれないキャラでした。
とりあえず、あれぐらいあからさまなツンデレは受けつけないです、ハイ。
でも、実はと~っても優しい女の子なんだよね。
それが分かったら、なんか灯花に感情移入できるようになりました。
基本的に主人公視点で話が進みますが、主人公が魅力的なので非常に作品に入り込みやすかったです。
キャラクターたちが自分の抱える問題に心が折れそうになりながらも、向き合って乗り越えようとする姿が感動的でした。

まとめ

るーすぼーいの名前を知らしめることになりギャルゲー界では発売当時かなり評判がよいものでした。

コンシューマー機にも移植されたので結構知っている人も多いかなと思います。展開がどうしてもシリアスになりがちなのですが最後は幸せな結末になるので読後感はよかった作品でした。

わたしもコンシューマー版をやったことあるのですが、記憶をリセットしまたやってみたい作品だなと思いました。



\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

VRエロゲの先駆者「VRカノジョ」の体験版に謎の「扇風機になりたい」モードなるものが…

話題のVRアダルトコンテンツ「VRカノジョ」の体験版がいよいよ配信スタートしました! メニュー画面の選択肢「…

chanebi / 5084 view

【エロゲ】CGのクオリティが半端ないと話題になった「Re:LieF」は胸に突き刺さる…

2016年10月28日に発売したエロゲ「Re:LieF ~親愛なるあなたへ~」。この作品が発売以降口コミやツ…

オレンジ / 14196 view

エロゲ『×CATION』シリーズ夢の抱き枕制作に900万円をクラウドファウンディング…

エロゲメーカーhibiki worksの人気シリーズ『×CATION』シリーズの夢の抱き枕企画が話題に。クラ…

poipoi / 2276 view

【エロゲ】「ここ数年のかぐや作品の中でダントツの作品」えろゼミはエッチな手ほどきで生…

アトリエかぐやから発売された「えろゼミ ~エッチにヤルきにABC~」の紹介と感想やレビューまとめ。最近のアト…

poipoi / 25759 view

【エロゲ】全国の妹好きに贈る「お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?」選択肢をキスで…

エロゲブランド「Tinkle Position」から発売された「お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?」。通…

poipoi / 7159 view

その他おすすめの記事